合気道とは


 植芝盛平開祖(1883~1969)が若年の頃から幾多武術の奥義を極め、苦心修行の結果、創始された武道です。

 

 開祖は、 「合気とは敵と戦い敵を破る術ではない。世界を和合させ人類を一家たらしめる道である。 即ち、合気道の極意は、己を宇宙の動きと調和させ、己を宇宙そのものと一致させることにある。 修行者は、この事を日常の鍛練を通じて覚るべきである。」と言われました。

 

 すなわちすべてを活かし無から有を生じせしめ、邪気を払い、自分に打勝つ 心 体 気を養成、武の理を修練することで自己発見、自己完成を目標とする武道です。 だから合気道には試合がありません。子供、女性はもちろん年配者を問わず、いつからでも始められます。

 

 心と精神の健康とその美しさ、又護身にとこの合気道を通じて、その素晴らしさ、自己の完成と愛和の心をあなたも修得されますようおすすめ致します(当道場旧ホームページから引用)。